| Main | All |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | | Top ↑
悲しい現実
ワン友、未来のことではご心配おかけしています。


未来の頭頂部にあるできもの3つは腫瘍ではなく皮膚病でした。

とりあえずほっとしたものの先生からは5年前の帝王切開、子宮摘出の手術での使用糸が原因かもしれないと言われました。

(この時の日記はこちら⇒クリックしてね

特にダックスに多い病気、総合糸肉芽腫(糸アレルギー)です。

何度も繰り返し起こるなら手術も考えなくてはなりません。

以前未来を見てもらった時真っ先に先生から指摘された病名です。


未来の傷跡
くっきりと傷跡が残り触っても肉が盛っているのでよくわかります。

今回はステロイドを飲ませまた一週間後に病院で見てもらいます。




ワン友は・・昨日(5日)午前に病院に行きそこで余命24時間から48時間と宣告されました。

今は大好きなご家族と一緒に最期の時間を過ごしています・・。

これだけ医学が発達し・・まして高度医療が受けれる環境だったのに・・。

6歳の若さなのに・・まだまだどうにもならない病気がたくさんあるんですね・・・。

ご家族の気持ちを考えたら・・今はとても辛くて寂しいです・・。
スポンサーサイト

できごと | comment 8 | trackback 0 Top ↑

Comment

自分に置き換えると
ワン友さんにかけるコトバがみつかりません(ρ_;)
すみません…




糸のはなし
一刻を争う時には
説明は後回し…ってあるのか…

それも辛いことですね


うちの まろんたん
タ○タ○ が お腹に 1つ入ってたので
○動物病院で 手術したのですが

麻酔が大丈夫かを前もって検査してもらい
その時 先生に 説明をしていただきました

初めて耳にした病名だったので
ホントかな… と 半信半疑でワン友さんに
先生に言われたことを話しても
知らない…と

意外と そういう説明を手術前に教えてもらえる病院は少ないのかもしれません
未来ちゃんの、腫瘍ではなくて安心しました。
手術が必要にならなければいいですね。

お友達のわんちゃん、悪い状態でご心配なことでしょう。。。

命ばかりは、限りのあるものだと解っているのですが。
受け入れるしかないことなのですが。
命が消えて行こうとしている時の飼い主さんの気持ち、
つい昔の自分に重ねてみてしまいます。

そして、今、ここにある元気な命、
大切にして、悔いの残らないよう、付き合って行こうと
再確認させられるのでした。。。


悔しいね><。
小さな命のあかりをけさないでって思いです。

こんなに発達してきている医療でも100の可能性が厳しいことを痛感しています(泣)
私も、3頭の可愛い我が子を亡くしているだけに、今ご家族の方の辛さが手にとるように理解出来るだけにダブっています。

でも、後悔しないように一杯の愛をわが子にあげて欲しいです。
生意気なこと言って、ごめんなさい(泣)
病気がこんなに悔しいって今また感じてます。

未来ちゃんも大事にね!

上手く言葉をかけれない私で、苦しいです。きょんさん、ごめんね~。
こうしてコメント書いていても悔しい悲しい涙で一杯です。
○病院は事前にしっかり説明してくれますよね。
糸アレルギーはダックスに多いので糸(+8000円)を替えたほうがいいという説明も事前にきちんとしてくれました。
それに術前検査をしっかりとしてくれて安心です。
我が家は近くの病院と○病院しか行ったことがないのですがやはり事前にしっかりと説明してくれる病院は少ないんじゃないでしょうか・・。
飼い主側がしっかりと病院を見極めることも大切ですね。

しかし・・・5年前はまだ○病院の存在自体知らなかったのが悔やまれます・・・v-406
未来は我が家唯一の健康優良児です。
今は疑いの段階なので違うことを祈るばかりです。

ワン友の気持ちを考えたら・・涙が出てきます。
本当に辛いです・・。
限りある命だからこそ今を大切にしなきゃな・・って思いますね・・。
色々ありがとうございます。

ゆきママさんは3回悲しい思いをされたんですね・・。
どうにもならないことを知った時の気持ちは辛くて悲しくてやりきれなかったでしょう・・。
私は1年半前に長男犬を亡くしました。
でも彼は「ワン」と鳴いたかと思ったら倒れてそのまま虹の橋に駆け上がって行ってしまいました。
なんのお別れもせず逝ってしまったのでなかなか立ち直ることができませんでした。
でも、泣き虫なかーちゃんだからきっと介護も泣いてばかりいるんだろう・・と彼は思ったのかもしれません。

本当に私もあらためて今ある命を大切に守っていこうと思いました。
未来ちゃんが糸肉芽腫なら琥飛と同じだね。
琥飛は抜糸数日後に傷口がパカンと開き朱色の体液が出ました。
まれに玉があった場所が空洞になり液が溜まり避けることがあるから気にしなくてもいいと言われましたが、まもなく傷口から少し離れたところを異常に舐めるので見たら口内炎の巨大化した物がそこにありました。糸肉芽腫です。

仕事が終わってから1時間かけて病院へ毎日のように注射をしてもらいに行きました。何度車中で琥飛を抱きしめ泣いたことか。
結局治らなかったのでお腹の中の糸を取る事になりました。そこの病院の院長先生の息子先生のダックス(♀)ちゃんも同じ病気で縫合糸の摘出手術をしましたが治る何処か酷くなり全身に広がったそうです。
毎日全身に薬を塗っていると聞きました。先生に「治る確証はないけど、毎日通院して金銭的にも精神的にも大変だと思いますので縫合糸の摘出手術を進めます」と言われ手術をしました。
琥飛は今のところ再発はしていませんが、ペロペロ、クチュクチュ舐めていると思わず顔をどけて確認してしまいます。
あんな思い2度と味わいたくないし味わわせたくありません。

未来ちゃんがステロイドで治ってくれることを力強く祈ってます!


お友達のダックス君なんでいきなり余命なの?
だってヘルニアが発見されてそれ程日数が経っていないのに・・・
やはり骨髄軟化症が原因でヘルニアになったんだろうか?
ヘルニアの症状が出たときには既に末期だったんだすね。

きょんさんも辛いですね。

きっと 勇気にいちゃんが一緒にコロコロ転がって遊んでくれてるよ♪
茶々丸さんも毎日病院に通う辛い経験もされたんですね・・(泣)
琥飛くんは糸を取り出す手術を受けたんですか・・。
手術糸が原因だなんてなんだかやりきれないです・・。

未来はまだそうだと断定されたわけではありませんが昔から皮膚が強いコだったので糸アレルギーが濃厚だそうです(泣)
手術から5年以上経っているので手術しても癒着して取れないかも・・って言われましたv-356
そうなると皮膚病との闘いとなるわけで・・。
繰り返さないとうれしいのですが・・。

ワン友・・今も懸命に頑張っています。
余命宣告されましたが、奇跡が起きたようです。

Write Comment







  Only to a master?

Trackback

| Main | All |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。